【2019年最新】クラクフからアウシュビッツへの行き方

アウシュビッツへの行き方

アウシュビッツはユダヤ人が大量虐殺された場所としてあまりにも有名ですね。

現在は当時の建物が博物館となっており、庭や建物の中に入ることができます。

今回、予約なしの完全個人見学でアウシュビッツへ行ってきたので、

その方法と行き方を紹介したいと思います。

アウシュビッツの場所

アウシュビッツは1940年に設立されたナチス・ドイツの強制収容所です。

ドイツの印象が強い為よく間違われるのですが、アウシュビッツはドイツではなくポーランドにあります。

アウシュビッツへの行き方
 
 
 
ポーランド南部にはクラクフという都市があり、そこにアウシュビッツはあります。

多くのブログでクラクフからバスで行く方法が一番カンタンな方法と言われていますが、

実際に僕もここからバスで向かい本当にカンタンに行くことができました。

アウシュビッツへの行き方
 

クラクフ中央駅からライコニックバスで向かいます

クラクフ中央駅の2階に大きな電光掲示板のあるエリアがあります。

そこでOswiecim行きのバス乗り場の番号を確認して、乗り場で待ちます。

Lajkonik(ライコニック)というバスは乗車券を運転手から直接購入できるので、予約も必要ありません。

6時台の始発の便だったのですが、かなり多くの人が乗り込んでいました。

早めに並んでおいたほうが無難かと思います。
 

アウシュビッツ到着

始発のバスで出発して到着したのは7時半でした。

それでも入場ゲートの近くには多くの人が集まっていました。

この人達は恐らくツアーでの見学者たちなので、

人だかりを無視して入場ゲートの横にある入場券売り場へ向かいます。

目立つ文字で【INFO】と書いてある白いプレハブの様なところです。

事前予約していないことを伝えると「ID見せて」と言ってきます。

パスポートを見せると入場券を渡してくれます。入場は無料です!
 
 
 
入場の際には荷物チェックがあり、大きなカバンは持って入れませんでした。

荷物がある場合は、先にゲートの隣にある手荷物預け所に預けてから入場ゲートに並ぶようにしましょう。
 

アウシュビッツ見学

ツアーでない個人見学では所要時間は2時間ほどでした。

個人見学と言ってもだいたい先にツアー連中がぞろぞろ移動しているのにぶつかるので、ちょっと窮屈でしたね。

個人見学では誰も案内してくれないので、初めに入場ゲートの隣で買っておいた

博物館の案内書がとても役に立ちました。日本語版は25ズロチでした。

アウシュビッツ行き方
 

第2のアウシュビッツ「ビルケナウ」へ

ビルケナウへはアウシュビッツとを往復する無料のシャトルバスが約10分おきに出ていて便利です。

アウシュビッツへの行き方
 
 
 
昼前に僕が行った時には、なぜかシャトルバスがストップしていましたが、

タクシーもたくさん停まっているので利用しました。

3キロ程度なので、料金もそんなにかかりません。
 
 
 
ビルケナウはアウシュビッツとは違い、多くの建物が倒壊された跡地の様になっています。

所要時間は人にもよると思いますが1〜2時間程度だと思います。

アウシュビッツへの行き方
 
 
 
ビルケナウのバス乗り場にあるレストランでは昼食を食べたり、お土産も買えますよ〜。
 

帰りのバス

帰りもライコニックバスで帰りました。

行きと同じ様に運転手から乗車券を購入し、あとは寝るだけです(^^)zzZ

アウシュビッツへの行き方
 
 
 

まとめ

・クラクフからバスでアウシュビッツへ行きました
・ライコニックバスは予約なしで運転手から直接乗車券を購入できる
・アウシュビッツへはツアーでなければ無料で入場できる
・翻訳された案内書を買っておくと便利
・大きなカバンは持って入れないが、預けることができる
・ビルケナウへは無料のシャトルバスが便利
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です